慢性疲労を解消しましょう|身体を安らげる方法

サプリメント

体だけでなく臓器も休息

パソコンと男性

疲労と肝臓の関わり

慢性疲労とは休息しても疲れが取れない状態が継続的に続いていることです。そして現代社会においてはこの慢性疲労を懸念する人が増えています。疲労は誰にもあります。しかしその疲労をによって肝臓が負担を受け止めています。肝臓への負担が多くなれば、慢性的な疲労へとつながっているのです。肝臓の機能は、代謝と解毒、胆汁の生成の3つです。代謝とは、食事で摂取された栄養素を体内で利用できる形に変換、合成するのです。解毒は、文字通り体内にとって不必要な成分を体に無害化するたちに変換します。アルコールの分解も肝臓の機能の一つです。胆汁は脂肪の分解に使用されます。十二指腸内に分泌させる機能を持っており、胆のうに胆汁を送り込むまでが役目です。

肝臓を休ませること

肝臓は体にとって重要な役目を担っています。そしてそれらの活動は24時間休むことなく行われているのです。その負担は大きく唯一休息できる時間は深夜3時ころから2時間程度です。しかしアルコールを摂取した状態や深夜作業などにより肝臓の休息を行わせないことで肝臓が疲労に侵されることになります。肝臓は疲労を感じても何も症状を見せません。沈黙の臓器と呼ばれるのはそのためですが、知らぬ間に肝臓に負担をかけて肝臓機能の低下を招いてしまいます。肝臓の疲労は全身に多大な影響を及ぼすため、慢性疲労につながります。健康的な体のバロメータは肝臓と言っても過言ではありません。慢性疲労の回復のためには、肝臓を労わる生活を行うことが大事なのです。肝臓の働きをサポートする方法の一つとして、サプリメントの活用があります。オルニチンやカルニチン、タウリンなどの成分は肝機能をサポートする成分です。慢性疲労に悩んでいるのであれば、日常から肝機能回復のサプリメントの摂取を心がけ、また飲酒を控えるといった努力が必要です。